■シアバターとは?

 

シアの木(Wikipediaより)

 主にアフリカ大陸のナイジェリア、マリ、ブルキナファソ、ガーナなどに生息する常緑の小高木シアの木の実から採れる油脂で、常温で個体、体温で液体に変わるため、オイルではなくバターと呼ばれています。

精製された100%シアバター

これらの地域では古くから食用、薬品として用いられており、薬品としては 傷や火傷の治療筋肉痛リウマチ白髪脱毛予防など 万能薬として重宝されてきました。ちなみに、ガーナでは 新生児を紫外線や乾燥から守るために、生まれてすぐ全身に塗布したりします。

 

■用途

 
 驚くべきことに、軽度の湿疹や皮膚炎、アトピー様の皮膚変化に対して、すぐにステロイド剤を処方する皮膚科医が後を絶ちません。軽度の皮膚症状で当院を受診される患者様のかなりの数の方が、皮膚科で十分な副作用の説明もないままステロイド剤を処方されているようです。ステロイドはもともと人体が外部からの侵襲を受けたときに副腎皮質から放出されるホルモンで、強力な抗炎症作用、免疫抑制作用があります。そのためほとんどの皮膚炎に対して即効性があります。ですから皮膚科医にとっては非常に便利な薬なのです。ところが皮膚科医によっては日常の診療のなかで大量にステロイド剤を出しているために、危機感覚が麻痺して、軽症の方にも惰性でステロイドを処方している場合があるようです。確かに速やかに炎症はおさまるでしょうが、実はこれは「治った」のではなく、ステロイドの強力な抗炎症作用によって「一時的に抑えられた」に過ぎないのです。したがって、アトピー性皮膚炎や原因不明の皮膚炎等でステロイドを使用した場合、一時的に良くなってもやめると早晩再発する、ということを反復してしまいます。そのようなことを繰り返しているうちに重篤な「ステロイド性皮膚炎」(写真参照)を引き起こしてしまい、きわめて治療困難な状況を招いてしまいます。

ステロイド剤による皮膚炎1

ステロイド剤による皮膚炎2

ステロイド剤による皮膚炎3

 

※いずれの写真も『皮膚病アトラス』文光堂, 2002年版による(クリックで拡大します)
 

■安易にステロイド剤は使わない!

 
 皮膚治療の根本は何よりもまず「保湿」です。たとえばアトピー性皮膚炎の一番の所見は表皮が薄くなり水分が失われやすい状態になっているということですが、それによって、皮膚が乾燥し、かゆみが出て、思わず搔き崩してしまいます。そしてアトピー性皮膚炎独特の色素沈着を伴う爛れた皮膚を引き起こしてしまいます。
 このような状況に対して、シアバターはまさに天然の優れた保湿クリームとして効果を発揮します。すぐにステロイド剤を塗布するのではなく、まずは徹底した保湿を行うことによって、薬剤に頼らなくても正常な皮膚を取り戻すことは可能です。今日では、シアバターの素晴らしさが再発見され、ロクシタン、ロレアル、ザ・ボディショップなどで手に入れることが可能になったことは皆さんご存じの通りです。
 ユーロクリニークでは、これまで保湿によってかなり改善する見込みのある皮膚炎の患者様には薬を出さず、市販の100%シアバターを使用してみるようにアドバイスしてきました。しかしながらその場で処方できないもどかしさも感じておりました。そこで、このたび、わざわざ出かけていって購入するのも大変という方のために、診察時に高品質のシアバターをその場で安価にご提供できるようにいたしました。
 

■ユーロクリニークのシアバターの特徴

 ユーロクリニークでは英国土壌協会(The Soil Association)オーガニック認定を受けたソフト・シアバターおよびアメリカ合衆国農務省(USDA)オーガニック認定を受けたノーマル・シアバターの2種類を販売いたします。いずれも融点は26℃前後ですが、ソフト・シアバターの方が若干低い温度で液化いたします。効果はいずれも同じですので、使い心地の好みに応じてお選びいただけます。
 

料金

・100%オーガニック・ソフト・シアバター (5g) ・・・・・500円(税別)
・100%オーガニック・シアバター (5g) ・・・・・・・・・500円(税別)


ピンクがソフト・シアバター、青がノーマル・シアバター
 

お徳用サイズ

・100%オーガニック・ソフト・シアバター (50g) ・・・・・4,000円(税別)
・100%オーガニック・シアバター (50g) ・・・・・・・・・4,000円(税別)


ピンクがソフト・シアバター、青がノーマル・シアバター


医療法人ユーロクリニーク
狭山メンタルクリニック
美容外科・美容皮膚科(自費診療)
精神科・心療内科・内科・麻酔科(保険診療)
〒359-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目1番2号
グランツ狭山1階
美容専用 0120-955-111 
精神科・心療内科専用 04-2968-4791

Copyright 2002-2022 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.
 
 
 
 
 


 
医療法人ユーロクリニーク
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目1番2号
グランツ狭山1F
TEL 0120-955-111
 
▷西武新宿線 狭山市駅西口より徒歩3分
 
▷診療時間
 美容外科・美容皮膚科  9:00〜18:00 (日曜のみ)
 精神科・心療内科    9:00〜17:00(月、水、金、土)


Photographs of "Chulpan Khamatova" by Peter Brune, Copyright All Reserved.



▷モバイルサイト
DoCoMo・au・Softbank(+iPhone)に対応
アクセスは下記のQRコードから


Last Update 2022-07-03
Since 2002-11-1/Renewal 2008-11-7/Renewal 2021-12-30

Copyright 2002-2022 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.