脂肪注入による豊胸手術の危険性について

 
 自分自身の脂肪細胞を乳腺の下に注入することにより豊胸効果を導く、という発想自体は必ずしもまちがったものではありません。ただし、そのような治療が将来にわたって安全なものであることを保証するためには、美容外科的な明確な根拠(エヴィデンス)と高度な治療技術が必要です。例えば腹部、臀部などから脂肪吸引した検体をもとに、そこから脂肪幹細胞を分離するには特殊な技術と高額な機器が必要です。これは現実の開業医もしくはチェーン形式の美容外科では不可能な話です。
 したがって、今日の美容外科でおこなわれているのは、脂肪吸引した脂肪を、ある程度洗浄したりはするけれども、そのまま太い針を付けた注射器で胸に注入する、という乱暴なものです。そして残念ながら、このような治療法は極めて危険といわざるを得ません。
 参考までに「第47回日本形成外科学会」で発表された報告の要点を下記にまとめてみます。
 
■演題:脂肪注入による豊胸手術の合併症について
合併症 1、感染 2、吸収 3、腫瘤形成 4、組織浸潤(溶解した脂肪が皮下組織および皮膚ににじみ出てくる)
感染例 27歳女性 腹部より脂肪採取し、両側乳房に75mlずつ脂肪注入施行。術後16日目に右側乳房に疼痛、発赤、膨満出現。切開、排膿施行。
組織浸潤例 34歳女性 大腿内側部より脂肪採取し、右側乳房に180ml、左側乳房に200mlの脂肪注入施行。約5年後より両側に腫瘤出現。右側は疼痛、変形を伴ってきたため乳号下縁切開にて腫瘤を可及的に(出来る限り)摘出。
腫瘤形成症例
1、18歳 大腿内側部より脂肪採取 250mlx2 注入 約5年で右側腫瘤形成    手術で摘出
2、22歳 腹部より脂肪採取    170mlx2 注入 約6年で両側腫瘤形成   手術で摘出
3、22歳 臀部より脂肪採取    110mlx2 注入 1年3か月で右側腫瘤形成 吸引で摘出
4、27歳 大腿内側部より脂肪採取 250mlx2 注入 約6年で両側腫瘤形成   手術で摘出
5、47歳 大腿内側部より脂肪採取 150mlx2 注入 約8年で右側腫瘤形成   手術で摘出
6、28歳 臀部より脂肪採取    250mlx2 注入 約6年で両側腫瘤形成   手術で摘出
7、23歳 大腿外側部より脂肪採取 225mlx2 注入 約2年で両側腫瘤形成   吸引で摘出
8、23歳 大腿内側部より脂肪採取 200mlx2 注入 約9年で両側腫瘤形成    手術で摘出
 
 いずれの症例も脂肪注入からかなりの年月を経てから発症している点が重要なポイントです。ですから、不都合が生じてきたので担当医を訪れたらすでにそこには病院がなかった、という事態も現実に起こっています。
 結論からいえば、今日の開業医もしくはチェーン形式を取る美容外科において、脂肪注入による豊胸手術をおこなうだけのエビデンス、技術そして施設を持ち合わせているところは残念ながら見当たりません。もちろん将来の可能性を求めて真面目に研究している施設がないわけではありません。
 もし将来、医学的に正しくそして安全な脂肪(幹細胞)注入による豊胸手術が確立される時が来たならば、これは理想的な豊胸手術の一つとなり得るのでしょうが、現時点では「将来の予後も含めて安全に脂肪注入豊胸術を行なうことは限りなく不可能に近い」というのが真実です。
 ですから、いまだに多くのクリニックで行なわれている『脂肪注入による豊胸術』もしくは『脂肪幹細胞注入による豊胸術』(と説明しておきながら実は単なる脂肪注入であることが殆どです)はきわめて危険である、と言わざるを得ません。さらには、注入によって生じたしこりは乳がん検診時の大きな妨げにもなることも指摘されています。
 このコラムでは、プライバシーの関係上症例の写真は割愛しましたが、真面目に詳しい情報を知りたいという方には、当院のカウンセリングにて詳細にご説明したいとおもいます。(文責 藤田)
 

 

ユーロクリニークの無痛局所麻酔について

 
 厚生労働省認定の正規の「麻酔科」を標榜するユーロクリニークではすべての局所麻酔処置において、炭酸水素ナトリウムを配合した「無痛麻酔液」を調合して使用しています。これにより痛みの主要因である麻酔溶液のPHが中和され、これまで麻酔注射時には避けることができなかった強い痛みを感じることもなくなり、楽に治療をお受けいただくことが可能になります。


医療法人ユーロクリニーク
狭山メンタルクリニック
美容外科・美容皮膚科(自費診療)
精神科・心療内科・内科・麻酔科(保険診療)
〒359-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目1番2号
グランツ狭山1階
美容専用 0120-955-111 
精神科・心療内科専用 04-2968-4791

Copyright 2002-2022 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.
 
 
 
 
 


 
医療法人ユーロクリニーク
〒350-1305 埼玉県狭山市入間川2丁目1番2号
グランツ狭山1F
TEL 0120-955-111
 
▷西武新宿線 狭山市駅西口より徒歩3分
 
▷診療時間
 美容外科・美容皮膚科  9:00〜18:00 (日曜のみ)
 精神科・心療内科    9:00〜17:00(月、水、金、土)


Photographs of "Chulpan Khamatova" by Peter Brune, Copyright All Reserved.



▷モバイルサイト
DoCoMo・au・Softbank(+iPhone)に対応
アクセスは下記のQRコードから


Last Update 2022-07-03
Since 2002-11-1/Renewal 2008-11-7/Renewal 2021-12-30

Copyright 2002-2022 EUROCLINIQUE, All Rights Reserved.